« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

玄関

玄関と土間を仕切る壁ができた。土間の入り口に戸のレールらしきものが置いてあった。コンクリートがところどころに山みたいに盛られた上にのせられている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

基礎工事その2

例のメールの効果か、基礎屋が来た。入り口の屋根兼車庫部分の基礎を作るためだ。わずか50cm四方のコンクリートの基礎を5箇所ほど作るためだけに、なんとコンクリートミキサー車がやってきた。それも乗っていたのはきれいな女性。世の中変わったものだ。それにしても我が家の基礎工事はいつも雨だ。建物本体の基礎工事も雨と雨との合間に行われた。その日の夜には大雨。基礎部分は池の状態で、コンクリートが固まるのかどうか不安になるほどだった。翌朝見に行くと例の野良猫の足跡がついていた。水の少ない端を通っていったようだがもう固まっていた。今夜も雨。明日の朝が怖い。

Dscf1612 基礎屋に完成予定日は9月30日だといったら苦笑していた。

2階 玄関土間の上  

   27日に書き始めたのですが日付が変わってしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メール

昨晩工務店にメールを出した。何度も読み直し書き換えて送ったのだが、かなり皮肉が入った嫌味なメール内容になってしまった。その効果かどうかは分からないけれど、久々に大工さんが言い訳しながらやってきた。工場で仕事をしていたとのことだ。家の建築には順序や下準備がたくさんあるのだろう。ともかくメールの効果かそれとも下準備が終わったのか、大工さんはやってきた。現在の住居も同じ工務店から20年前に建ててもらったものだ。私たちは30代の前半でお金がなく、「とにかくローコスト」「子供の小学校入学に間に合わせてほしい」という条件でお願いした。建築中は60kmも離れたところに住んでいたため、建築中の様子は一度見にきただけ。上棟が3月3日で完成が3月27日という信じられない突貫工事であった。細かいことはお任せしたが、住み心地がよく、この20年間何の不満もなく暮らしてきた。丈夫でがっしりしているところがなによりだ。完成後も不都合があって電話をすればすぐに手配してくれるところも良いところだ。「自然に還る材料で作りたい」という考え方にも同感している。今回もあちこちの住宅展示を見にはいったが、頼むなら同じ工務店だと決めていた。そうでなければ今頃本気で怒って悪口の言い放題をインターネットで流していただろう。 それにしてもこの状態ではあと2ヶ月はかかりそうな雰囲気。年内に引越しできるのだろうか。増改築の「改築」はいつになることやら。。。。。「とほほ」 の気分ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糞害に憤慨

先週一週間は大工さんが来なかった。そして今日も来なかった。屋根屋をあんなに非難していたのに、自分たちも来なくなった。契約では完成は5日後なのだ。無理に決まっている。大工さんが来ないのをいいことに例の野良猫が家の中に糞をしていった。はられるはずの真っ白な断熱材の上に見事にやられた。工務店に電話で話すと「乾くまでそのままにしておく」そうだ。じっくり後で考えた。乾かしてどうするんだろう???ひょっとして乾かして糞を捨てた後、その断熱材を使うのか????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンセット

2週間前に一度見に行ったクリナップのショールームへ再度行って来た。前回の見積もりが送られてきてびっくり!なんと予算を3倍以上超えていた。削りに削りもう一度見積もりのやり直しをしてもらうためだ。キッチンの長さは285cm。ガス台はガラストップの3口、電子レンジつきのオーブン、浄水器、食洗機、シャワー付で伸びる蛇口、音の静かな換気扇、電動昇降吊りとだな、炊飯器を置く台までつければ200万円を超えるのは当たり前といえば当たり前。

今回で分かったこと。①キッチンシンクの値段は扉のランク(5段階くらいある)でかなり違うこと。②個人販売に示される値段と工務店を通じてでは違うこと。③そして私自身はよい物を見るとよいものがほしくなる困った性質であること」

結局、電動吊りとだなや他の戸棚はつけない、専用パネル(壁)は大工さんに張ってもらう。炊飯器を置く台は我慢する。扉のランクを下げる。う~ん。。。。でもやっぱり中が全部ステンレス製のほうが魅力的だ。 最終決定はまた後日、ということで悩みながら帰宅し、つれあいに相談すると 「中がステンレスでなくてもこれから20年間、シンクは十分使えるだろうけど、自分のほうはそれまで持つかどうか分からないよ」と言われた。確かに。。。。20年後は??才だから危ないかもしれない。シンクより自分の寿命が短いかもしれないなんて考えもしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これまで

2004年      秋  建築家に依頼  

200Dscf00625年       春  東側の樹木移動   

   秋  西側の車庫と樹木の移動   

12月 間取り完成。ローン申込み。                           

2006年      1月 子ども部屋の荷物を置くため車庫の整理。     

                  3月 本格的荷物整理、書籍を段ボールに詰める。                  

                  5月 子ども部屋の荷物移動。

       Dscf1061          6月 子ども部屋解体。

7月 基礎工事 House1

8月 棟上げ   Photo                                     

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年前

どこからかキンモクセイの香りが漂ってきた。一年前には我が家にもキンモクセイが2本植えてあったのだが、増改築のため1本はよそのお宅へもらわれ、もう1本は造園業者預かりになっている。工事が順調に進んでいれば今頃は庭造りを楽しんでいたはず。キンモクセイは来年まで帰ってきそうにない。

思い起こせば去年の今頃は間取りの設計で頭を悩ましていたように思う。増改築を思い立ったのは今から2年前のこと。体力のあるうちに身の回りを整理したいというおもいがあった。20年の間に敷地内は樹木や植物でいっぱいになってしまった。子どもたちも大きくなり、食事をするにも窮屈になってきた。なにより一番のきっかけは、つれあいがぎっくり腰を起こしたときに、生活スペースである2階に上がれなかったことだ。年を取ってもゆったりと安心して暮らせる家。水回りが一階にあり、寝室から近いこと。バリアフリーで車椅子が楽に使えること等を考えながら間取りを考えた。家の増改築には植木の移動と子ども部屋にしている部分の解体、車庫の移動が必要でその準備のために1年半を要した。昨年一年間は、庭の整理、家の荷物の整理に追われた。現在の家に引っ越してきてから20年の間にため込んだいろいろな物を処分するのは本当に大変だった。スペースが今までの2倍になる予定だがごみの拡散だけはしないようにと誓っているのだが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のらねこ

今日も大工さんは来ていない。玄関付近の土に変化があるのでたぶんガス工事の人がガス管か何かを埋めたのだろう。それにしても工事が進まない。今朝、家を見にいったら何と野良猫が寝ていた。先日風呂の窓枠に座っていたやつだ。基礎工事の翌日にコンクリートに足跡を付けたのもこいつだ。近づくと攻撃的で引っかかれた。誰の家だと思っているんだろうか。ごろニャン様の家だぞ~!!!。大工さん早く来て戸をつけておくれ~。家を乗っ取られそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成はいつなの?

9月も半ばを過ぎ、当初の完成予定の月末まで10日しかない。絶対に完成は無理。このところ大工さんは、玄関のげやを兼ねた車庫部分の材料刻みで工場で仕事をしている。そのため家のほうはあまり変化がない。土間の部分に一部板が張られたのと、2階の押入の棚ができたくらいか。素人には見えない部分の細かい作業をしているのだろうが、私に分かるのは大きく変わったところだけだ。

夕方仕事から帰宅するとガスの配管工事の人が現場を下見中。明日、今の家のガスを止めて、管を繋ぐ作業をする予定だとか。。。土間部分の暖房をガスに変更したため、配管工事がむずかしくなりそうだ。暖房を何にしてどこに置くのかを初めから計画しておかないと不都合が出てくる。今日の目に見えた変化は、車庫部分の基礎工事をするのか、その部分に木で囲いがしてあった。

|

大工さん来てちょうだい

最近工事の進み方が遅くなった。理由は大工さん不足。景気回復かローン値上げ、消費税値上げの前にとみんな急いでいるのか??大工さんは仕事が多くて手が回らないそうだ。我が家では6人いた大工さんが今は2人だけになってしまった。工務店では「仕事ができて、無口で、安く働いてくれて、腕のいい大工がいたら回してくれ」と手配しているそうだが「そんな大工がいたらとっくにどこかで仕事をしているはずだ」と他の大工が言ったとか。
こんなそんなでできあがりは10月末か?そういえば板金屋も屋根を途中にしたままずっと来ていない。
内装工事は、天井の板貼りが始まり、電気、ガス、水道、電話の配線などもされていて、あちこちに線がぶら下がっている。2階の床板が貼られたが階段はまだない。2階を上がったところに杉の丸太が入り、見た目とさわり心地が良い。設備の選択や床板の塗料の打ち合わせ、押入の棚をどうするかなど細かい打ち合わせが結構ある。
大事なことだが厚いカタログを見ていると面倒くさくなってくる。いいものは高く、予算とのかねあいが大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンセント

1,2階の床が一部はられた。コンセントの位置、床下収納の位置を決めるように大工さんに言われた。家具の位置にも関係あるので決めるのは思ったより難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »