« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

年越しか。。。。

今年も一時間を切ってしまったというのに私の部屋は物の洪水状態だ。つれあいは「片付くのに2年はかかるね。」と冷ややかに言い放ち、「台所もやっと我が家の台所になった。」と言った。(物が溢れ散らかっていると言う意味だ)自分の部屋だけでなく、洗面所も玄関も台所も全部私が片付けなければならないのだからやはり2年はかかるかもしれない。おまけに旧宅のほうの整理が待っている。置き去りの荷物は今いらないのだから捨てればいいのだと思う。しかし。。。時々「~がない」と言う声があがる。やはり家を作るのはあまり歳をとらないほうがいいようだ。疲れる。「70歳になったらもう一度荷物を棄てなさい。」と言って、つれあいは自分の整理整頓された美しい部屋に去っていった。あと15分。とにかく出来るだけ片付けて今年を終わらせたい。来年からは改築と庭作りが待っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大忙し

あっと気がつけば12月30日。今年もあと一日になっているではないか。この10日間このページにたどり着くことさえ出来ないくらい忙しかった。

21日 建築検査合格

22日 職場の忘年会で大工さんから駅まで送ってもらう。大工さんは増築部分の工事は    終了し、旧宅のドアを2mサイズに直す工事中。    

23日 インターネットの接続設定工事をしてもらう。ルーターの調子が悪く買いなおすこと     になった。本日より新居に移動。新しい部屋に寝具を運ぶ。荷物はほとんど運んでいないためいちいち走ってとりに行く。かなりの運動。二男の部屋から新居間まで63歩あったそうだ。

24日 家族4人で冷蔵庫を移動する。かなりの重労働。新しい台所で調理開始。冷蔵庫     は勝手口兼食品置き場に設置。69cmの冷蔵庫を70cmのスペースに置いたので扉が窮屈。もう少し余裕があったほうがよかった。最近は冷蔵庫を買い換えると入らない家が多く、大工さんが直しに行くことが多いとか。そういえば世間はクリスマスイブ。忙しすぎて24日ということが意識になかった。

25日 食品を置くスペースが少ないので冷蔵庫の脇に棚を作ってもらった。勝手口の 上も10cm幅の棚が3段天井までついているが地震のときはかなり危険だ。泥棒進入時に落下するようにでも出来たらいいのにと、ふと思う。蒔ストーブを置く台(花崗岩)と後ろの壁部分の石が設置された。後ろの石は少し緑がかった「おおや石」のような感じ。福島まで探しに行ったそうだ。同時に5年前から製作を頼んでいたセキセイインコの慰霊像が完成してきた。10年間飼っていた10羽のインコが眠る庭におく予定。鍵っ子だった子どもたちの大事な留守番友達だった。思わず石のインコの頭をなでる。二男は思い出すと涙が出そうだと言っていた。

26日  大工さんは旧宅の工事もほとんど終わり、外の小屋の基礎工事をしている。

27日  旧宅、長男の部屋の壁紙貼り終わる。

28日  大工さんは塀の基礎工事に取り掛かった。高さのことで一問題。つれあいと意見     が合わない。大工さんに2mの塀を立ててくれと言ったらしい。「隣家との仕切りはあってもよいがあまりにも高すぎる。防犯上もかえって危ないと」思う私と「隣家と視線が合うと気まずい」と考えるつれあいとの間で大工さんは困っている。結局、塀についてはよく考えて春に工事をすることになった。蒔きストーブの設置工事に来た。3人で半日かけての設置だ。煙突の長さに驚くまるで蒸気機関車のようだ。(ストーブは黒くて煙突がすごい)

29日  身内の新築祝いと大工さんの仕事納めを兼ねて昼食会をした。設計士の社長も      一緒に楽しい会だった。和洋混合でだいぶ困ったらしい。壁も木を使ったので半年もかかったとのこと。大工さんご苦労さん!夕方ストーブの火入れ式にストーブやさんが来た。まきの炎は柔らかく心が和む。3本の薪で夜中まで火があった。

30日   今日こそはと張り切ったが家の中はまったく片付かない。途中疲れで気分が悪      くなりそうだったので中止。旧家のほうが片付かない限り改築工事は進まないことになっている。春まで大工さんはしばし来ない。ちょっと寂しい気分。そういえば年賀状も印刷していなかった。あたふたと一年が駆けていく。  

 

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築検査

建築検査が無事終わった。怪しかった箇所も何とかクリアーしたようだ。昨日からは風呂が使えるようになり喜んでいたのだが入ってみるとどうも前よりサイズが小さい。細かいことだがあちこちに後悔の種がある。コンセントの位置は住んでみて始めて分かる。造りつけの机は私には少し高すぎて普通の椅子では無理だ。(身長170cm以上に合うようだ)しっかり計測したはずなのだが、洗濯機を置くスペースも狭かった。出来上がってからでは遅すぎることが多い。インターネットのランケーブルも線が足りなかったらしい。電気屋さんは配線だけはするが線の先までは加工しないことが分かり、今でもパソコンが使える状態になっていない。引越しは完全に出来ないが、今住んでいるところの改造が始まるのでのんきにもしていられない。家中ゴミ箱をひっくり返した状態で年末、年始を迎えそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の塗装が月曜日に終わり、その後丸一日は雨が降らなくて、まずは安心。土間から中庭に出る部分に雨が降ると泥が跳ねるためコンクリートを1mほどうつことにした。なぜかその工事を大工さんがやっていた。左官は風呂のタイルはりをしていた。風呂のタイルが終わると中の工事が全て完了することになる。土間の板のところをうっかりセメントのついた長靴で大工さんが通り、木が黒ずんだらしい。中和のために酢をかけたため、家の中が酢のにおいでいっぱいになった。引越しのため保存用の酢が出してあったのを見つけ応急措置でそれを使ったとのこと。玄米酢のためどうも効き目がよくなかった??らしい。高い酢だったのだがそんな使われ方をするとは。。。。大笑いをして終わったがまだ酢のにおいが漂っている。ただし高い酢なので香りは良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塗装

やっと塗装工事が始まった。昨日からの雨が上がったすきに吹きつけが半分終わったようだ。ようだと言うのは帰宅が遅かったので、暗くて確認できていないからだ。家の内側から見るとカバーしてあるビニールに塗料が飛び散っているところとそうでない所がある。吹き付けてから一日は雨が降らないのがよいとのことだが明日の天気も怪しい。後半分無事に終わるのだろうか。ビニールで囲ってあるため取り付けたガスストーブが作動しない。排気口もふさがれているためらしい。

明りとりの窓がロフトと疑われ、法務局が登記を許可しないらしい。司法書士事務所から電話があった。昼間は仕事なのでとりあえず写真を撮って見せることにした。検査関係がうるさくなっているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

囲炉裏

大工さん手作りのテーブル囲炉裏が出来てきた。何より材料の入手が大変らしい。囲炉裏のテーブル部分の板は工務店の会長の家から持ってきたらしい。??時代から使われていた餅板?らしい。そんなものを使ってしまって大丈夫かと思うのだがそこを何とかしてしまうのが大工さんのすごいところだ。実家から貰い受けた重いケヤキの座卓は足を取って台所の作業台にしてもらった。下に収納できるので助かる。2階の天井から光を入れるために反射板になる鏡を入れた。が、、、あまり光は届かず明るさが確保できない。実験的な試みなのでやっては見たが。。。。中の工事は本当に終了。雪が舞ってきた。外壁は本当に来週中に完成できるのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »