小さき声のカノン

ダキシメルオモイ」のモデルにもなっている福島二本松のお母さんたちが出演している

ドキュメンタリー映画「小さき声のカノン」が新潟市のシネウインドで上演されています。

(6月26日まで上演)子を守る母たちの姿を福島とチェルノブイリを対比させながら描いています。多くの方に観ていただきたい映画です。

*ダキシメルオモイの絵葉書が入荷しています。

 キャットミントで購入できます。

Dscf7778

今日はベレー帽の復習製作会でした。

すぐに忘れてしまうので、何回も作らないとまた忘れそうです。

Dscf7776




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダキシメルオモイ 新潟三条別院

ダキシメルオモイ プロジェクト 新潟三条別院展示会

3月22日(日)23日(月)24日(火)

9:00から16:00まで 本堂で約40点の作品が展示されています。

ただし、法話、法要のときは作品を歩いて観ることはできません。

23日(月) 法話、法要のない時間です。自由に作品を観ることができます。 

       9:00~10:00

      11:30~13:30

      15:00~16:00 

24日(火)  10:00~10:30は法要があります。

        この時間は歩いて作品を観ることができません。

     この時間以外は自由に作品を観ることができます。

昨年、新潟市新津美術館市民ギャラリーでの展示から4か月。

その時展示された作品のほかに、新しい作品が展示されています。

Dscf7448


Dscf7465

Dscf7436


キャットミントに飾ってある一枚も展示されました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<今週の予約状況>

26日(木) ランチはありません。14:00からお茶のみの営業です。

       *ハンドマッサージの方が来られます。

27日(金) ランチタイムは予約で満席です。

       13:30分以降 お茶のみ可能です。

28日(土) ランチ 1組様可能です。

長らくお休みしましたが、今週から営業再開です。

どんなメニューにしようか今からワクワクしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お礼

(ダキシメルオモイ新潟展が無事終了しました。

お店のお客様で美術館においでくださった方々にお礼を申し上げます。

おかげさまで新津美術館始まって以来の市民ギャラリー入場数(1340人)となりました。

ありがとうございました。

今後ともダキシメルオモイプロジェクトと小林憲明のご支援をよろしくお願いいたします。

Dscf7067

Dscf7058

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今週の予約状況

27日(木)

予約なしのため

メニューは我が家の夕ご飯と同じかな??

28日(金)

予約一組様のみ

29日(土)

臨時休業(展示会お疲れさん休みです。すみません)

ふうちゃん甘えっこです。


Dscf7086


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダキシメルオモイ新潟展

キャットミントが事務局になっています「ダキシメルオモイ~ふるさとにかえるオモイ展

が新潟市新津美術館で開催されています。

新潟日報18日朝刊で大きく取り上げていただいたり、

テレビでもUXでお昼と夕方のニュースで放送され、

昨日までに700人の来場がありました。

21日のトークイベントには70人を超える方が来てくださいました。

明日3時まで開催されていますので

お時間のある方はどうぞおいでください。

同時開催は機関車トーマス。(有料)

ダキシメルオモイ展は一階市民ギャラリーです。(入場無料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のランチから

ワンプレートランチです。 

紫いものスープ すごい色ですが

甘くておいしいです。

Dscf7002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルト展

朱鷺メッセへキルト展を見に行ってきた。どれもこれも素晴らしい作品で、気の遠くなるような緻密で根気のいる作業だと感じた。パッチワークやキルトは好きだが、どうも取り掛かる勇気が出ない。作品は写真撮影ができないものが多くて残念!

会場にカオハガンのキルトが展示、販売されていた。世の中にはさまざまな活動をしている人がいるのだと感心した。今日の一番の収穫はカオハガンのキルトを知ったことかもしれない。島の生活や鳥、魚、植物を描いた素朴なキルトは、展示されていたきれいな作品と一味違い私にとっては面白かった。

Dscf8192

Dscf8190

Dscf8185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水と土の芸術祭

通称、水土の芸術祭が終了したようだ。いつも通勤で通る阿賀野川の横雲橋(おううんばし)近くの河川敷にあった作品が撤去され、かわりに雪捨て場の山が出現した。
作品製作中は河川工事が始まったのだと思っていたが、ある日、ピンク色の団子状の物を刺した長い棒が大量に河川敷に出現して、水土の作品だと気が付いた。毎朝眺めているうちになんだかよく分からないこの作品が周囲の景色と違和感なくとけ込むようになってきた。(私の感覚の中ではだけかもしれませんが。。。)なくなってみるとちょっと寂しい気分。周囲の色と違ったピンク色は何となく温かかったと思います。Dscf5995 Dscf5996 Dscf5997

| | コメント (0) | トラックバック (0)